【メルマガアフィリエイト】今さら聞けない!特定電子メール法3つのポイント!これを守らないと罰則を受けます■本田かずひこ■

メルマガアフィリエイトを実践していく上で、特定電子メール法のことを知っておくことは必須になります。
しっかりと理解して、罰則を受けないようにしましょうね。

特定電子メール法とは

そもそも、特定電子メール法とは何なのでしょうか?

正式には
「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」です。

分かりやすく一言で言えば
「広告宣伝メールの法律」のことです。

広告宣伝メールをもう少し噛み砕くと

「広告または宣伝」をして、かつ関連するサイトへの誘導をするメールのことを指します。

これに該当するかどうかで「特定電子メール」かどうかが決まります。

メルマガアフィリエイトはいかがでしょうか?

広告または宣伝をして(つまりはアフィリエイトリンクを貼って)、かつ関連する案件のLPに誘導しますよね?

思いっきり該当しますので、メルマガアフィリエイトは「特定電子メール」とういうことになります。

特定電子メール法で守るべき3つのポイント

特定電子メール法で抑えるべき3つのポイントをまとめました。

オプトインと記録の保存
オプトアウト
送信者の表示義務

この3つを守れば、基本的には問題ありません。

一つ一つご説明してきますね。

オプトインと記録の保存

オプトイン

原則として、メール(特定電子メール)を配信する場合は、受信者による 事前承諾(オプトイン)が必要となります。
同意を得ていない相手に特定電子メールを配信してはいけません。

「事前承諾」とは具体的に何をすれば良いのかというと、

・メールフォームに 「メルマガの配信を希望する」のチェックを入れてもらう。
・プライバシーポリシー(個人情報保護方針)を示して「同意する」にチェックしてもらう

このように形で事前の承認を得るというのが一般的です。

要は

「ここに登録されると、メールが配信される」ということを認識してもらう

ということなんです。

この承諾を得ていないのにメールを送ったら、罰則対象になりますのでご注意下さい。

例外が3つありますのでご紹介しておきますね。

1.名刺交換をした相手に対してのメール送信
2.すでに取引をしている相手
3.ブログやサイトに記載されているメールアドレス

この3つに該当する場合はオプトインの必要ありません。

ただし、ここで注意したいのは
どの相手に対しても、一言伝えておくマナーは必要かと思います。

例えば名刺交換をして、ある日突然メルマガが送られてきたらあなたもいい気分ではありませんよね。
特に名刺交換の相手には、一言伝えておくべきだと思います。

また、3についても1点注意があります。
ウェブ上にメールアドレスが記載されていても

(このメールアドレスへの広告宣伝メールの送信を拒否致します。)

このような記載がある場合は、オプトイン(事前承諾)をせずに送ることはできません。

記録の保存

オプトインの際の記録を保存することが義務付けられています。

・登録日時
・お名前
・メールアドレス
・どのページで取得したのか

この4点を保管しておく必要があります。

保存期間は、記録の保存に係る広告宣伝メールを最後に送信した日(または解除日)から1ヶ月です。
ちょっと分かりづらいと思いますが、現在配信しているメールアドレスに対しては保管をしておかないといけないということです。

僕のオススメは、メルマガをやめない限りはこのオプトインの記録は取っておけば安心かと思います。
自分でルールを決めて、1週間に1回はあなたがお使いのメール配信スタンドからダウンロードするようにしましょう。

オプトアウトの設置

オプトインが「事前承諾を得たメルマガ登録」
オプトアウトは「いつでもメルマガを解除できる」

こんなイメージで大丈夫です。

つまり「解除リンクを分かりやすく記載する」ということです。

そして、いつでもメルマガに登録してくれている読者さんが、解除できる状態になっている。

これがオプトアウトです。
オプトインとセットで覚えておきましょうね。

送信者の表示義務

特定電子メールの送信者は、受信者の同意を得て、広告宣伝メールを送る場合でも
メールの本文のわかりやすい場所に以下のような記載をしなければなりません。

送信者の氏名または名称

あなたのお名前です。

受信拒否ができる旨の通知

分かりやすく、解除リンクを記載していれば大丈夫です!

送信者の住所

住所をメールに内に記載する必要があります。
別の場所に住所がある場合は、そのリンク先を記載していればOKです。

苦情や問い合わせの受付先

連絡が取れる「メールアドレス」または「URL」を記載する必要があります。
URLというのは、フォームを設置するイメージですね。

以下は僕が実際にメルマガ内に記載をしているものです。
僕の場合は、メールのフッター部分から、一度別のページに飛ばして見れるように記載しております。


特定電子メール法の罰則

最後に、特定電子メール法を違反した場合の罰則です。

特定電子メール法では、上記の内容に加え「送信者情報を偽った電子メールの送信 」や「架空電子メールアドレスあての送信」を行った時も対象になりますので注意が必要です。
罰則は、最高で「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」、法人の場合には「行為者を罰する他、法人が3000万円以下の罰金を支払う」と定められています。

違反者は、企業名やこれらの詳細が総務省のホームページに掲載されてしまいます。
必ずルールを守ってメールの配信を行いましょう。

まとめ

今回ご紹介した3つのポイントを守っていれば、まったく問題ありません。
あまり難しく考えないでくださいね。

オプトインと記録の保存
オプトアウト
送信者の表示義務

もしかしたら「少し面倒だな」と感じるかもしれませんが、メルマガでビジネスをしていく上での法律ですから必ず守るようにしましょうね(^^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

無料レポートテンプレートがダウンロードし放題!